ファンになる。

広告・広報活動とは、企業と社会が交わすコミュニケーションのこと。そこには人と人とのコミュニケーション同様に、欠かす事のできない大切な要素があります。それらを満たし、さらに多くの魅力に溢れた成果物をご提供するために。私たちが常にお客様のファンであり続けることは、最高のアドバンテージを私たちにもたらし続けています。


頭の中に浮かんでいるイメージをお聞かせください。

お客様のイメージから、眠っているニーズを探し出す。それが私たちのヒアリングです。ご希望の要素を満たし、もっと豊かにお客様自身を伝えるサービスを求めて。企画段階から、または実制作の段階から、私たちはどのようなタイミングからでも最大のポテンシャルを発揮します。


常にコンセンサスを。

時にスピーディーに、時にじっくりと。お客様と私たちが紡ぎ上げていくコミュニケーションの密度と正確性は、広告物そのものの正否を左右しかねない重要なファクターです。私たちは担当ディレクターやクリエイターとお客様を結ぶコミュニティサイトを案件ごとにご用意し、情報交流をスムーズに行っています。これに従来型のメールや電話などのコミュニケーションを加えることで、案件に関わる全ての熱意や集中力を効率的に運用しています。


ナレッジに照らして。

日々集積される膨大な経験則。これらを管理し、制作者がいつでも必要な情報にアクセスできる体制を築いておくことも、私たちのクリエイティブワークのひとつです。私たちは現在、新鮮な表現を求めて、世界各地のクリエイター(アメリカ・オーストラリアなど)とも共同で制作を進めています。お互いの距離を超えたリアルタイムな情報共有の実現は、制作時間を短縮し、円滑な作業を支えるのみならず、ご提供する成果物に豊かな表現力をもたらしています。


“Find all you need”への挑戦。

端的に言ってしまうと、「お客様の望むすべてをかたちにするために、私たちはあらゆる選択肢を模索していきます。」ということ。私たちは現在Webや映像を中心としたクリエイティブを展開していますが、決してそこだけにこだわる事はありません。案件の中で、もしお客様に本格的な日本庭園が必要になったなら、その分野のプロを集め、橋渡しをする事もまた私たちの仕事。お客様に必要な全ての要素をご提案すること。それが私たちの目指すサービスです。


「褒めて頂く喜び」を原動力に。

誰かを褒めるとき、誰かに褒められるとき。そこには必ず幸福な関係があります。だからこそ、私たちはお客様に褒めて頂けたかどうかを大きな基準にしてきました。 人と人とのつながりが人生を大きく育てるように、私たちのサービスで、皆様の豊かな企業活動をお手伝いすること。マーキュリープロジェクトオフィスのクリエイティブはそのためにあります。