言葉の問題は時として権力争いを表面化させ、グローバル企業を分裂に追い込むことがある

社内の円滑なコミュニケーションを図るために、英語を公用語とするグローバル企業は次第に増えています。しかし、英語の公用語化は、時として思わぬ方向に進むことがあります。今回は、グローバル企業の言葉の問題に詳しいハーバード・ビジネススクール准教授、セダール・ニーリーさんの研究について、こちらの記事をもとにご紹介したいと思います。

国際ビジネスを成功させるには、英語だけでなく他言語にも対応する必要がある

グローバルビジネスの主要言語が英語となっている今、英語以外の言語を学ぶ必要はないのか、というとそんなことはありません。英語を母国語とするアメリカやイギリスの企業がバイリンガルの育成を怠れば、英語を話せる彼らでも大きなビジネスチャンスを逃す可能性は十分にあります。

翻訳テクノロジーが進化すると、翻訳だけでなく語学の習得も効率よく進んでゆく

海外に電話をかけるのをためらったり、道端で外国人に話しかけられてドキッとしたりした経験はありませんか?言語が違うと思うとついつい身構えてしまい、言葉が伝わらなかったらどうしよう、という不安な気持ちが頭をよぎりますよね。

翻訳アプリはいつしか我々の生活に溶け込み、当たり前の存在になってゆくのかもしれない

テクノロジーを駆使し、より高精度な機械翻訳を提供しようとしているアプリがあります。MicrosoftのSkype Translatorです。

世界の企業幹部たちも、グローバル化成功のカギが言葉の壁の克服にあることを認めている

企業が国をまたいでビジネスを成功させるためには、言葉の壁を克服する必要があります。なぜなら、意思疎通がうまくできなければ、社内・社外ともに伝達不足や誤解が生じ、それらが積み重なることによって企業成長に大きな影響を及ぼすからです。

言葉の壁は、意思疎通ができなくなるだけという単純な話ではなかった。(雇用問題編)

それでは最後に言葉の壁と雇用問題について、Perdido Magazineの記事を参考に考えてみましょう。

社内の言葉の壁を乗り越える!チャットを利用した多言語翻訳アプリケーションとは?

Salesforce で利用されているコラボレーション支援ツール「Chatter」 を活用した、リアルタイム翻訳アプリ「Chatter Auto Translator」の紹介記事が、Techableさまに掲載されました。

言葉の壁は、意思疎通ができなくなるだけという単純な話ではなかった。(生産性編)

前回の記事では言葉の壁と職場の安全性について触れました。今回は、言葉の壁と企業の生産性について、QSRの記事をもとに考えてみましょう。

言葉の壁は、意思疎通ができなくなるだけという単純な話ではなかった。(安全性編)

企業のグローバル化とともに、さまざまな人種を雇用する企業が増え続けており、多くの組織が言葉の問題に直面しています。対策を講じなければ社員同士のコミュニケーション不足を招くだけでなく、企業全体を活気のない組織にしてしまい、最悪の場合グローバル化がマイナスの影響を及ぼす可能性さえあります。