世界の企業幹部たちも、グローバル化成功のカギが言葉の壁の克服にあることを認めている

企業が国をまたいでビジネスを成功させるためには、言葉の壁を克服する必要があります。なぜなら、意思疎通がうまくできなければ、社内・社外ともに伝達不足や誤解が生じ、それらが積み重なることによって企業成長に大きな影響を及ぼすからです。

言葉の壁は、意思疎通ができなくなるだけという単純な話ではなかった。(雇用問題編)

それでは最後に言葉の壁と雇用問題について、Perdido Magazineの記事を参考に考えてみましょう。

言葉の壁は、意思疎通ができなくなるだけという単純な話ではなかった。(生産性編)

前回の記事では言葉の壁と職場の安全性について触れました。今回は、言葉の壁と企業の生産性について、QSRの記事をもとに考えてみましょう。

言葉の壁は、意思疎通ができなくなるだけという単純な話ではなかった。(安全性編)

企業のグローバル化とともに、さまざまな人種を雇用する企業が増え続けており、多くの組織が言葉の問題に直面しています。対策を講じなければ社員同士のコミュニケーション不足を招くだけでなく、企業全体を活気のない組織にしてしまい、最悪の場合グローバル化がマイナスの影響を及ぼす可能性さえあります。

補習授業:Salesforceの項目削除が、Marketoに影響が無いかを確認する方法

SalesforceとMarketoを連動している場合、特に「リード」と「取引先責任者」には注意が必要です。 その他には「取引先」と「商談」の項目にも、Marketoに影響が出る場合があるので、ご注意ください。

補習授業:もしMarketoで「SPF 構成エラー」が出てしまったら(対応時間10分程度で解決!)

2015年6月17日くらいから、いままでSPFの警告が無かった組織でも「SPF 構成エラー」が出てしまう場合があるようです。 弊社が支援している組織でも少なくとも3つのMarketoで同様のエラーが発生していたので、対処方法をメモします。

1年生:Marketoの設定で最初にやることなすことと、その意味。

Marketoと契約が完了し、ユーザを増やした後は、Marketoと様々な既存のシステム(SalesforceやWebなど)と連携させましょう。

1年生:Marketoにユーザを追加してみよう

まずは仲間(ユーザ)を増やしましょう。 マルケトに管理者としてログインしたら、右上の「管理」をクリックし「ユーザ&ロール」に進んでください。

Marketo “The Marketing Nation Summit 2015” 2日目(2015年4月15日)ざっくりレポート

MarketoのCMOを勤める Sanjay Dholakiaさんがキーノートに登場。前日の発表をなぞりながら、エンゲージメントマーケティングを成功させる5つの要素を教えてくれました。

Marketo “The Marketing Nation Summit 2015” 初日(2015年4月14日)ざっくりレポート

7000人を超えるエントリーがあったMarketo最大のイベント「The Marketing Nation Summit」が本日サンフランシスコで開催されました。創業者でCEOのPhil Fernandezさんの話の中で、Marketoは4000社を超える企業に採用され、世界43ヶ国で利用されているとの事でした。 最も驚いたのは「マーケティングオートメーション」という言葉を一言も言わなかったこと。前日に開催されていたMarketoパートナーサミットでも「マーケティングオートメーション」という言葉は出ませんでした。それに相当するMarketoを表す言葉は「エンゲージメント マーケティング プラットフォーム」(詳細後述)でした。マーケティングオートメーション先進国のアメリカでは、既に次のステージに進んでいるんだなと感じました。