インターン日記49日目(野尻)

寒い日が続いています。今日12/13は正月事始めと言われ、昔は、正月の雑煮やおせちの準備のために山で薪をとってきたりしたそうです。おせちといえば、黒豆が一番すきです。野尻です。

昨日のブログで取り上げたR/GAのZasaさんが語った内容について少しずつですが、考察したいと思います。

・Advertising Is Not Everything
”広告はすべてじゃない”
広告はそもそも商品を売るための行為やモノであり、商品の購入を検討する時に便利であったり、感動するほど芸術的であったりと、様々な形のものがあります。そして、映像、音、紙など様々な媒体でもあります。ITの発達によって、自動販売機の前に立つだけでその人に合いそうなオススメ商品を表示してくれたり、ネットショッピングで「この商品を買った人は他にこんな商品も見ています..」といった販促をしていたりと、どんどん広告はパーソナライズ化してきている傾向にあります。
「広告はすべてじゃない」と言う言葉には、”広告は人の購買意欲を掻き立てるだけじゃない”ということや、”広告だけでは商品を売ることはできない”といった奥深さがあるように思います。

・Storytelling Is Still Alive And Well
”ストーリーテリングは未だ健在であり、効果的だ。”
広告にも様々なタイプがある、というのは上にも書きましたが、心に残る広告とは一体なんでしょうか?私にとっては、明治安田生命の、家族や友達の風景をスライドショーにして、小田和正さんの歌が印象的なCMがある意味、物語的で大好きです。単純に主人公が1人というのではなく、TVCMのわずか15~30秒の間に40人分くらいのストーリーを一気に感じることが出来るからです。人間の持っている想像力は豊かなもので、一つの場面を切り取って見せられるだけでも、そこに至るまで、あるいはそこからのストーリーを考えてしまうのではないでしょうか。

・Connecting Your Business Can Transform It
“ビジネスをつなげることで、変革を起こせる”
現代において、”これまで全く存在していなかったもの”を作ることは非常に難しいことではないでしょうか。ありとあらゆることにおいて、様々なアイデアは出尽くしてしまったように感じてしまいます。しかしながら、毎年多くの新サービスが登場していることも事実です。今までレンタルしたCDをiPodに大量に保存していたのが、ストリーミングで音楽を聞くようになったり、DVDを借りずにインターネットで済ませたりと、これまでリアルな店舗やハードウェアに依存していた商品やサービスは、インターネット上のソフトで解決できることが随分増えました。
今後、もっと様々なビジネスがインターネットとの融合によって淘汰されたり、誕生したりと変化していくことはまず間違いないでしょう。

読んで頂き、ありがとうございます!