翻訳テクノロジーが進化すると、翻訳だけでなく語学の習得も効率よく進んでゆく

海外に電話をかけるのをためらったり、道端で外国人に話しかけられてドキッとしたりした経験はありませんか?言語が違うと思うとついつい身構えてしまい、言葉が伝わらなかったらどうしよう、という不安な気持ちが頭をよぎりますよね。

そんななか、いつの日か言葉という障壁を完全に取り除いてくれるのではないかと大きな期待を寄せられているのが翻訳アプリ。MicrosoftSkype翻訳Google翻訳サービスなどが良く知られており、翻訳テクノロジーを利用した自動翻訳を提供しています。

また、弊社が提供する製品「Chatter Auto Translator」でもMicrosoftGoogleの翻訳エンジンを使った自動翻訳APIを採用しており、翻訳アプリは日々の生活だけでなくビジネスの世界でも利用されるツールとなりつつあります。今回は、翻訳テクノロジーの進化が、言語に関連するサービスにどのような影響をもたらしているのか、meshedsocietyの記事を参考に考えてみましょう。

people-office-group-team

翻訳アプリを利用することで得られる最大のメリットは、何といっても会話やチャット、文章のリアルタイム翻訳です。異なる言語を話す者同士でも意思疎通を図れる可能性が格段に上がりました。しかし、翻訳テクノロジーを利用した翻訳アプリの利点はそれだけにとどまらず、語学の習得を目指す者たちに安価で利便性の良い語学学習ツールとしても利用されています。

たとえば、翻訳テクノロジーを利用した語学習得アプリ。従来のオンライン型学習ツールと異なるのは、多くのアプリが無料で提供されていることです。これまで他言語を習得するにはそれなりのコストがかかるのが当たり前とされていましたが、その概念を覆したのです。

そして、これら翻訳アプリや語学習得用アプリの利便性をさらに引き出しているのが、スマートフォンやタブレットの存在です。パソコンの前に座っていないと何一つ作業ができないという環境から、いつでもどこでも好きな時、必要な時にアクセスできるという環境をスマートフォンやタブレットが作り上げたのです。

cell-phone-801946_640

このような自由度が高く、使い勝手の良いアプリの存在により、以前は煩わしいものとされてきた他言語の習得や翻訳は、今ではそういった印象から遠ざかりつつあります。そして利便性がアップすればするほど、多くの人が翻訳アプリを含めた言語に関わるツールに興味を持ち、翻訳テクノロジーの将来性がより広く知られるようになります。

いつでもどこでも自由に、なおかつ完璧に近いリアルタイム翻訳が実現するには数十年の歳月が必要となるかもしれません。しかし、スマートフォンの急速な普及や、スマートフォンそのものが翻訳ツールとして一役買ってきたことを踏まえて考えると、この先数年で驚くほど急速な進化を遂げる可能性は十分にあります。

世界中の人々が何の言葉の障壁も感じることなくコミュニケーションをとれる日は近付いてきており、私たちが思うより早くその日は現実のものとなるのかもしれません。

《参考URL

TECHNOLOGY DESTROYING THE LANGUAGE BARRIER IS REAL, NOT JUST A THEORETICAL IDEAmeshedsociety

 


banner

Chatter Auto Translator に興味をお持ちの方は、是非下記のフォームよりお問合せください。