補習授業:もしMarketoで「SPF 構成エラー」が出てしまったら(対応時間10分程度で解決!)

2015年6月17日くらいから、いままでSPFの警告が無かった組織でも「SPF 構成エラー」が出てしまう場合があるようです。
弊社が支援している組織でも少なくとも3つのMarketoで同様のエラーが発生していたので、対処方法をメモします。

まず、メールなどで「SPF 構成エラー」の通知が来ます。

Marketoにログイン>右上の「通知」をクリックすると
FireShot Capture - Marketo I SPF_DKIM • 管理 - https___app-ab08.marketo.com_#NO

と表示されます。

該当ドメインのDNSに設定されている、spfレコードの設定に問題があるようです。

今までは、

“v=spf1 include:_spf.google.com include:_spf.mktomail.com ~all”

と設定されていましたが、その設定を

“v=spf1 include:_spf.google.com include:mktomail.com ~all”

とすると治ります。
googleのspfはたまたまマーキュリーのメールがGoogle Apps を利用しているので、書いて有りますがドメインによって細かな所は違うと思います。
既存のspfレコードの「include:_spf.mktomail.com」を「include:mktomail.com」にすれば治ります。「_spf.」を削除って事ですね!

DNSのspfレコードを修正したら、しばらくしてから
Marketoにログイン>管理>メール>SPF/DKIM>(該当ドメインを選択)>DNSの確認
をしてください。
Marketo | SPF:DKIM • 管理 2015-06-17 23-25-22

そうすると、成功するとこうなります!
FireShot Capture - Marketo I SPF_DKIM • 管理 - https___app-ab08.marketo.com_#DA0B2

 

それでは、今日はこの辺で!

参考記事はこちら「メール到達率を改善するためのSPFとDKIMの設定」
http://jp.marketo.com/article/blog/2014/09/16/250


Marketoに興味をお持ちの方は、是非下記のフォームよりお問合せください。